最初に古いカードを紹介。

DSC_0190

BWシリーズで復活したEX、その中でも注目されていたミュウツーEX。

当時もニコタマはあったので、ニコタマが入るデッキならどのデッキにもこのミュウツーは入っていました。

エックスボール!

と叫ぶだけの簡単なお仕事でした(´・ω・`)

DSC_0192
ゲノセクトが表紙のパック「メガロキャノン」に入っていた、ジラーチEX。

特性「ほしのみちびき」は、このカードを手札からベンチに出した時に、山札から「サポート」を一枚手札に加える事ができます。

BWのパックに入っていたこの2枚。

これを↓

DSC_0194
I have a ミュウツー!

DSC_0195
I have a ジラーチ!

DSC_0197
か~ら~の~

IMG_20170316_224325
融合召喚!

すると!

DSC_0193

2枚のカードをいい所を抽出した、カプテテフの完成です!

「エナジードライブ」は弱点&抵抗力の影響を受けないので厳密には「エックスボール」とは違います。これで弱点付けたら凶悪過ぎた(+_+)

でも、抵抗力を無視できるのは嬉しいですね。悪と鋼にも普通に打点がいきます。

どうせ足りなくなるので、家にあるプリンターで量産しました。微妙にサイズが合わず。貼りつけたカードの下地が見えてしまっていますが・・・代用なので仕方ないでしょう。

せっかくなの、近くにあったデッキに入れて回してみました。

DSC_0188
むさい奴ら猛者たちの中に、ふっと萌え要員が加わるわけですね(*´ェ`*)

DSC_0189
ざっとしか回してませんが

・重要なフラダリや、ピン積みの忍者を持ってこられる
・まわしを共有できる
・ニコタマ一枚でワザが撃てる
・PPMAXも適用される

と、このデッキだと共存は簡単そうです。

お互いのエネルギーの数だけダメージが増加するワザだと、大イベの方が打点が20だけ上です。相手がフェアリーの場合は抵抗力で大イベのダメージが下がってしまうので、その時はテテフも同じ火力が出せます。

他のデッキだと、

・炎デッキなら鍛冶屋をサーチ
・水デッキならスイレンorアオギリをサーチ
・闘デッキなら、コルニorマツブサをサーチ

等々、デッキに入ってるキーパーツを持ってこられるのは便利だと思います。

終盤だと、テテフの特性を使っても山札にサポーターが無い!という状況になってしまうので、テテフをデッキに入れるなら「ともだちてちょう」を一枚だけ刺しておくといいかもです。

テテフに対して、ちゃんと運用を考えてるんだよ!という事をアピールできた(はず)なので、あとは手元に来るのを待つばかりです。頼むよ・・・出てくれよ!